エンジンからパタパタ聞こえる

エンジンルーム開けた状態でエンジンを掛けるとなかなか騒々しい音が聞こえてきます。
これは排気音の様な燃焼ガスによる音ではなく、フリクションノイズといわれる各部品の摩擦によって引き起こされる音なのです。
全く正常な状態でもこのフリクションノイズなどが結構聞こえるので、騒々しいからといって必ずしもどこか故障しているというわけではありません。
中でも良く故障と間違えられるのがタペット音といわれるシリンダーヘッドあたりから聞こえる「パタパタ」という音です。
この音はDOHCならカムシャフトとバルブステム、OHCやOHVならカムシャフトとロッカーアームの間で起こる音なのですが、施錠な状態でもある程度聞こえます。
普段ボンネットを締めて運転しているときにはほとんど聞こえないので、ついつい気になってしまうのですが最近の車であれば、そのまま放っておいても平気でしょう。
通常、カムシャフトとバルブステム、あるいはロッカーアームの間にはラッシュアジャスターという隙間を適正に調整するものが付けられており、それが随時正常なクリアランスを保っているのでよほどカムやバルブステム、ロッカーアームの摩耗がひどいとか、ラッシュアジャスターが壊れたという時以外は故障を心配する必要はありません。
ただ、ボンネットを閉めて運転席に座っても気になるほど音が大きい場合は何かしらの故障が考えられるので、すぐにディーラーに持ち込みましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ