点検と車検では対応が違う

これはディーラーでのお話ですが、同じ車で同じチューニングやドレスアップをした車でも、実際にディーラーで行う作業の種類によって許される時と許されない場合があります。最近は上からの圧力でディーラーでも違法改造をした車に入庫を断ることが多くなりました。しかし、マフラーを換えている車でもJASMA認定のマフラーや低排気音のマフラーであれば、定期点検や修理などでディーラーに持ち込んでも入庫を断られることはほとんどありません。
しかし、これが車検となると話は別です。例え認定マフラーでも、ボディ寸法に収まるエアロパーツでも細かく排気音量を測定したり、規定の寸法とどれだけ違うのかを測ることがあるので、見た目的にどう見てもノーマルパーツとは違うというだけで入庫を断られることがあるのです。先月の点検では大丈夫だったのに、今日の車検ではだめだったなんて事実が結構あるのです。同じ場所に同じ車で行くのに、作業の内容によってはディーラー側の対応が違うことがあるという事を知っておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ