オプションのセキュリティーシステム

警察などが必死になっていてもなかなか車の盗難は減りません。こんな状態では、警察など頼っていられないという事で、最近では自己防衛をするのが当たり前になってきました。ちょっと前までは、専門の業者によってセキュリティーシステムを取り付けるというのが主流だったのですが、あまりにも自動車の盗難が多い事から、国や自動車メーカーが積極性になりました。
それによって、一定の信号を発信するキーを持っていなければ、キーシリンダーを回したり、プッシュボタンを押してもエンジンがかからないようになるイモビライザーやドアの開け閉め、車体の傾き、振動などを検知して警告音を発するセキュリティーシステムを標準装備する車がたくさん増えました。しかし、自動車メーカーが用意するセキュリティーシステムはあくまでも簡易バージョンで、一般に販売されているセキュリティーシステムの廉価盤が付けられているのすぎないのです。従って、より高度な防犯を目指すのであれば、自動車メーカーが付けるセキュリティーシステムではなく、後付けの本格的にものを付けたほうがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ