改造は車検のことを考えてから

改造している車に乗っていると、車検の時に引っかかってしまうことが多々あります。
車検では、指定部品や車体周りのチェックがあるので、改造しているとそのチェック項目にバツがついてしまいます。
いろいろな部品ごとにチェック項目や注意点があるので、車検に出す前に自分でチェックをしておくといいでしょう。
一番いいのは車体をノーマルな状態に戻すことですが、難しい場合はチェック項目に明らかに反する部分を取り除いておきましょう。
車検には構造変更検査というものがありますが、基本的な検査項目の規定範囲内に収まれば免除されます。
簡単な改造や改良ならば、規定範囲内に収まっているこも多いです。
特に、部品の取り付け方には注意が必要です。
取り付け方は、ワンタッチ式など簡単に取り外せるものが「簡易」、ボトルなどを使っているものが「固定」溶接されていて取り外せないものが「恒久」と呼ばれています。
簡易な方法で取り付けられている部品は、指定部品でもそうでなくても検査では引っかかりません。
固定の場合は、指定部品ならOKですが、そうでないものだと規定をクリアできなければ構造変更検査行きになってしまいます。
恒久だと、簡単に元の状態に直すことができないので、指定部品であっても規定外と判定されてしまえば引っかかってしまいます。
車検に引っかかると、その後の手続きや修正に時間がかかってしまいます。
改造をすると気には、車検のことも考えるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ