売る前に修理するかしないか

車を売るときには、その車の一番きれいな状態を査定員などに見せるのというのが当たり前ですが、時には一番きれいな状態でないほうがいい場合があります。
それは売ろうとしている車が、外見的に壊れている場合です。
いわゆる、ボディのへこみや大きな傷のことなのですが、そのへこみや傷の規模や場所によってそれが査定額にあまり響かないという事があるからです。
こういう場合は高いお金を出してまで修理する必要はなく、そのまま買い取ってもらったほうが最終的には高い金額を手にすることができる場合があるのです。
例えば、へこみがある状態での査定額が50万円、へこみがない状態で60万円という場合は、わざわざ20万円もかけて修理してもあんまり意味がないという事です。
この判断を下すためには、いろいろな買取業者に行って実際に査定をしてもらうことが必要ですが、同時にへこみが無かったらとしての査定額も併せて出してもらうことも必要です。
買取店へ行ってすぐに売ってしまうという愚かなことをしないようにするのが、高価買取への1歩ですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ